沿革 

昭和54年 6月 第1期工事完成
内科・循環器科・消化器科・人工腎臓センター
103床 職員82名
昭和56年 8月 外科新設
昭和57年 8月 第2期工事完成(108床に増床)
昭和60年 4月 泌尿器科新設
昭和63年 9月 第3期工事完成(北棟)
健診センター・腎透析センター・循環器センター・アリーナ等新設
平成元年 1月 心臓カテーテル検査開始
平成8年 2月 心臓血管外科新設
8月 救急病院認定(救急告示病院)
12月 急性期病院加算承認
平成15年 5月 第3手術室完成(心臓血管外科専用)
平成18年 4月 糖尿病センター新設
平成19年 4月 病院機能評価ver.5 受審・認定
平成20年 1月 オーダリングシステム導入
4月 法人形態を「出資額限度法人」へ移行
平成21年 2月 長崎地域医療連携システム
【あじさいネットワーク】スタート
4月 DPC導入
平成23年 4月 耐震工事開始
平成24年 7月 南棟新館完成・南棟改修工事
平成25年 10月 北棟2階糖尿病センター専門外来開始
12月 電子カルテ導入
病院裏 大井出川にひかり橋完成
平成27年 11月 下肢静脈瘤治療外来 開設
平成28年 10月 地域包括ケア病床開設
特定集中治療室(ICU)が高度治療室(HCU)へ移行
平成31年 4月 法人形態を「特定医療法人」へ移行